無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 石原新党「日本維新の党」に…橋下市長らと連携 | トップページ | 超党派の「原発ゼロの会」発足 有志議員、6月に提言 »

2012年3月28日 (水)

菅前首相 「脱原発議連」を設立

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012032802000054.html
菅前首相 「脱原発議連」を設立

2012年3月28日 朝刊

 菅直人前首相ら民主党の有志国会議員が、原発のない社会への道筋を示す勉強会「脱原発・ロードマップを考える会」を設立する。二十八日に約三十人が出席して準備会合を開く。野田政権が、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働など原発依存に傾斜するのにブレーキをかけるのが狙い。

 「考える会」は総電力量に占める再生可能エネルギーの比率などを年次的に計算し、脱原発の実現に向けた行程表を作成。再生エネへの投資や、廃炉にかかる費用など経済的影響も検討する。

 菅氏は首相在任中、脱原発に意欲的だったが、退陣後は表だった動きを控えてきた。だが、なし崩し的な原発再稼働容認や、原発存続路線がとられないよう、議連をつくって政府に訴えることにした。

 「考える会」には、江田五月元法相、民主党エネルギーPT座長代理の近藤昭一衆院議員らも賛同している。菅氏は「ドイツでは二〇二二年までに原発をすべて停止させる政府の工程表を決めている。日本も中長期計画を議論する場が必要だ」と話している。

« 石原新党「日本維新の党」に…橋下市長らと連携 | トップページ | 超党派の「原発ゼロの会」発足 有志議員、6月に提言 »

原発情勢関連」カテゴリの記事