無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自民改憲本部が修正案 緊急事態宣言「100日間」 | トップページ | 浜岡原発は21m…南海トラフ地震の津波想定 »

2012年3月31日 (土)

<北朝鮮「衛星」>PAC3 沖縄に常駐地ならしと警戒感

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000040-mai-pol
<北朝鮮「衛星」>PAC3 沖縄に常駐地ならしと警戒感
毎日新聞 3月31日(土)14時0分配信

 北朝鮮の「衛星」打ち上げに対する破壊措置命令に絡み、防衛省・自衛隊は、部隊が常駐しない沖縄県・先島諸島への地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)と部隊の派遣を進めている。自衛隊側は当初750人規模の派遣を検討したが、自衛隊誘致を巡り賛否が対立する県内では「部隊常駐の地ならしでは」との警戒感も広がる。仲井真弘多知事は田中直紀防衛相に「適正規模の派遣を」と要請し、同省は派遣規模を縮小する方向で調整している。【鈴木泰広、井本義親、三木陽介】

 石垣島と宮古島に配備されるPAC3は30、31日に三重県と滋賀県の空自基地を出発。海自呉基地で輸送艦に積み込まれて来月5日までに搬入される。PAC3の警護や被害確認、住民救助にあたる隊員もその頃までに現地入りする。関係者によると、命令前に陸自が作成した部隊派遣案は、石垣島約500人▽宮古島約160人▽与那国島約90人。石垣島と与那国島の議会はPAC3の配備を求める決議をしたが、この規模に対して防衛省の内局などから「ちょっとやり過ぎだ」との声が上がった。

 陸自部隊は現在、沖縄本島までしか配置されておらず、「衛星」が上空を通過する先島諸島は「防衛の空白地域」。一方、防衛省は中国を意識して南西諸島防衛の強化を打ち出し、与那国島に100人規模の沿岸監視隊を新設することを目指している。石垣島などにも部隊の配備を検討しているが、地元では賛否が分かれている。陸自幹部は「今回の派遣は南西諸島防衛とは関係がない」と説明しながらも「きちんと住民を守ることで信頼を得たい」と明かす。

 県幹部は「部隊配置の実績作りを狙っているんだろう。必要以上の隊員を送ろうとする動きにクギを刺す必要がある」と話す。石垣島の「9条の会やえやま」事務局長の新垣重雄さん(64)は「何百人も来るほどなのか。これを機に一気に部隊配備をすすめることはやめてほしい」と注文。与那国島の女性市民グループ「イソバの会」の田島琴江さん(55)は「万が一落下したら危ないと言われれば何も言えないけど……」と複雑な表情だ。

 米軍普天間飛行場の移設問題も抱える防衛省は、沖縄側の意向に神経をとがらせる。仲井真知事が26日に田中防衛相に電話で要請したことを受け、地元と調整を続けており、石垣、宮古、与那国3島への派遣は当初案より少ない計400人程度になる方向だ。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-31_31790/
PAC3、4市へ輸送開始

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験とみられる衛星打ち上げに備えた破壊措置命令を受け、航空自衛隊は30日、ミサイルに対処する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の配備を始めた。防衛省などによると県内では那覇市の航空自衛隊那覇基地と南城市の同知念分屯基地、宮古島市の同宮古島分屯基地、石垣市の石垣港新港地区に配備される見込み。

 防衛省関係者によると、宮古島市に配備されるPAC3は30日夜、三重県の空自基地から陸路で広島県の海自呉基地に移動を開始。到着後、海自の輸送艦に積み込み現地へ向かう。石垣市に配備されるPAC3も後日、呉基地からほかの輸送艦で運ぶ。

 沖縄本島へのPAC3輸送は名古屋港から民間船を活用。発射機に搭載する弾薬部分の搬送には法的制限があり、空自の輸送機などで別に運ぶとみられる。

 400~500人規模の部隊の配置が想定されている石垣市は30日、第2回危機管理対策本部会議を開き、自衛隊への全面的な協力を確認した。市によると、4月2日に一部機材がC1輸送機で到着し、4日に民間の貨物船でトレーラーやトラック、防護車などの車両が運び込まれる。

 また、連絡要員として市役所に10人程度の隊員を常駐させる必要があるため、市は会議室を確保して対応する方針。同要員は6日にも市役所で着任の予定。中山義隆市長は「住民の安全のために配備は当然。受け入れ態勢を整えなければならない」と述べた。

 宮古島市も下地敏彦市長を本部長に危機管理対策本部会議を開き、防衛省からPAC3搬入・移動などの申請があった際、市民が混乱しないよう道路や港湾情報を提供すると確認した。

 南城、那覇の両市は3日に対策本部会議を開く予定。

 仲井真弘多知事は首相官邸で「危機管理は最も適正な形で、必要な分はやってもらうのは当然。(ミサイル防衛は)しっかりお願いしたい」と述べた。

« 自民改憲本部が修正案 緊急事態宣言「100日間」 | トップページ | 浜岡原発は21m…南海トラフ地震の津波想定 »

「国内情勢」カテゴリの記事