無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊、海外宿営地を共同防衛 PKO法改正で政府 | トップページ | 「原発ノー」つぶやきが“大行進”に/東京・渋谷 »

2012年3月26日 (月)

横田基地に日米調整所 北朝鮮「衛星」に対処 ミサイル防衛も一体化

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120326/plc12032610030004-n1.htm
横田基地に日米調整所 北朝鮮「衛星」に対処 ミサイル防衛も一体化
2012.3.26 10:02

 領空侵犯や弾道ミサイルに対処する航空自衛隊の中枢、航空総隊司令部が26日、米軍横田基地(東京都)に移転し運用を開始する。日米は移転に伴いミサイル防衛(MD)の拠点となる「日米共同統合運用調整所」を新設し、情報共有や連係運用を強化。自衛隊と米軍の一体化がより加速する。

 北朝鮮は4月に事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験とみられる「衛星打ち上げ」を予告しており、早々に調整所の機能に注目が集まりそうだ。

 調整所は総隊司令部の地下に開設し、大型モニターを設置。日米の幹部が、米国の早期警戒衛星や空自の地上配備型レーダー、空中警戒管制機などの情報を共有、協議する。同じ階にはミサイル迎撃などの指示をする空自の指揮所があり、地下通路で米空軍の指揮所とも行き来できる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000020-mai-soci

毎日新聞 3月26日(月)12時2分配信
<自衛隊>航空総隊司令部、米軍横田基地内に移転 連携強化

輸送航空団司令=東京都福生市で2012年3月26日午前11時32分、岩下幸一郎撮影
 戦闘機部隊や北朝鮮の弾道ミサイル対処などを指揮する航空自衛隊航空総隊司令部が、空自府中基地(東京都府中市)から在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都福生市)内に26日移転した。移転は自衛隊と米軍の連携強化が目的。日米の司令部が近接して置かれるのは、神奈川県横須賀市の海上自衛隊と米海軍に続いて2カ所目となる。

 06年に日米で合意した再編の一環で横田基地内に空自横田基地として司令部庁舎や厚生棟などを約600億円かけて新設し、府中から司令部や作戦情報隊などの約760人が移った。

 司令部地下には、大型スクリーンを備え、有事や災害時などに日米の幕僚らが詰める「共同統合運用調整所」を設置。4月とみられる北朝鮮の「衛星」打ち上げへの対処でも、ここで日米が情報を共有し、地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット(PAC3)」や海自のイージス艦の配置などを調整しながら、総隊司令官が指揮を執る。

 空自幹部は「これまでは府中と横田を結ぶホットラインで指揮官が連絡を取り合っていた。米軍との一体化という批判的な見方もあるかもしれないが、普段から同じ場所にいて顔を合わせることは、日本側の考え方を米側に理解してもらう上でも意味は大きい」と強調する。

 来年3月には陸自も中央即応集団司令部を朝霞駐屯地(東京都練馬区)から在日米陸軍司令部があるキャンプ座間(神奈川県座間市)内に移転させる。

 横田基地で26日午前に行われた運用開始式には、斉藤治和・航空総隊司令官とフィールド在日米軍司令官が出席し、テープカットした。【鈴木泰広】

« 自衛隊、海外宿営地を共同防衛 PKO法改正で政府 | トップページ | 「原発ノー」つぶやきが“大行進”に/東京・渋谷 »

日米関係」カテゴリの記事