無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 中国、「米空母キラー」配備準備=新型対艦ミサイル―国防総省 | トップページ | イラン核問題:ホルムズ海峡に海自派遣、高い壁 特措法も困難--政府検討開始 »

2012年2月17日 (金)

綱領に国軍保持明記=新党「4月までに結成」-国民新・下地氏

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012021600998
綱領に国軍保持明記=新党「4月までに結成」-国民新・下地氏

 国民新党の下地幹郎幹事長は16日、都内で講演し、石原慎太郎東京都知事らが結成を目指す新党の綱領に憲法改正の明記を検討していることを明らかにした。具体的には(1)96条の憲法改正発議要件を、各議院の「3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和(2)戦力の不保持を定めた9条2項を改正し、自衛隊を国軍と明記-を挙げた。
 下地氏はまた、新党が連携を目指す橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」の公約に言及。「同じ考えだということがだいたい分かった。(新党綱領は)それにちょっと付け加え、石原さんらしいものになる」と語った。新党結成時期については「3月後半から4月の連休までの間」と述べた。(2012/02/16-20:49)

« 中国、「米空母キラー」配備準備=新型対艦ミサイル―国防総省 | トップページ | イラン核問題:ホルムズ海峡に海自派遣、高い壁 特措法も困難--政府検討開始 »

改憲動向」カテゴリの記事