無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 辺野古アセス:環境保全は不可能…沖縄知事が意見提出 | トップページ | 綱領に国軍保持明記=新党「4月までに結成」-国民新・下地氏 »

2012年2月17日 (金)

中国、「米空母キラー」配備準備=新型対艦ミサイル―国防総省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120217-00000018-jij-int

中国、「米空母キラー」配備準備=新型対艦ミサイル―国防総省

時事通信 2月17日(金)7時32分配信
 【ワシントン時事】米国防情報局(DIA)のバージェス局長は16日の上院軍事委員会の公聴会で、「米空母キラー」と呼ばれる中国の新型対艦弾道ミサイル「東風21D」(射程1500キロ以上)について、同国が「恐らく配備準備をしている」と証言した。
 国防総省は東風21Dを、有事の際に米空母の中国近海への進出を阻止する兵器として強く警戒。在沖縄海兵隊の分散配備計画も、沖縄県の米軍基地を射程に入れる東風21Dの開発が一因になっている。米軍は東風21Dの能力を分析した上で、日本など同盟国とも連携し、長距離攻撃能力を柱にした対中国シフトを敷く方針だ。

« 辺野古アセス:環境保全は不可能…沖縄知事が意見提出 | トップページ | 綱領に国軍保持明記=新党「4月までに結成」-国民新・下地氏 »

「国際情勢」カテゴリの記事