無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 2号機、一時90度近くに=東電「再臨界ない」、注水増―温度計故障か・福島第1 | トップページ | 民主・高橋昭一議員、維新の会政治塾に応募 »

2012年2月13日 (月)

<宜野湾市長選>保守系・佐喜真氏制す 講話問題の影響回避

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000004-mai-pol

<宜野湾市長選>保守系・佐喜真氏制す 講話問題の影響回避

毎日新聞 2月13日(月)10時12分配信
拡大写真
宜野湾市長選で当選を決め、支援者に囲まれて笑顔をみせる佐喜真淳氏=沖縄県宜野湾市で2012年2月12日午後10時半過ぎ、井本義親撮影
 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選は12日投開票され、普天間の県外移設を訴えた新人で前県議の佐喜真(さきま)淳(あつし)氏(47)が、元市長の伊波洋一氏(60)を破って初当選した。900票差の接戦だった。佐喜真氏は、支援を受けた仲井真弘多知事と連携して県外移設を求めていく構えで、日米両政府が進める普天間の同県名護市辺野古への移設が困難な状況は変わらないとみられる。

【宜野湾市長選の結果】佐喜真氏が初当選 仲井真知事と連携

 市長選は保革一騎打で、佐喜真氏は自民、公明、新党改革の、伊波氏は共産、社民、沖縄社会大衆の推薦を受けた。知事と県政与党の自公にとっては、少数与党の解消を目指す6月の県議選に向け前哨戦を制した形だ。

 普天間問題では伊波氏も県外、国外移設を訴え、似通う主張となった。普天間固定化につながりかねない日米両政府の在日米軍再編見直しの動きが明らかになったことなどを受け、佐喜真氏は選挙戦では県外移設に言及するより、「普天間固定化は絶対阻止」と訴え、早期返還要求に力点を置くケースが増えた。

 選挙戦全体では、佐喜真氏は普天間問題より、基地関連予算のさらなる獲得による暮らしや子育ての充実の訴えに重点を置いた。1985年以来続く革新市政の転換を訴え、全面支援を受ける仲井真知事との太いパイプも強調した。

 告示直前、市長選への介入との批判を浴びた沖縄防衛局長の「講話」問題が発覚。普天間の県内移設をかつて容認していた佐喜真氏側へ影響が出るとみられたが、選挙戦で講話問題に触れずに、悪影響を回避した。

 佐喜真氏は12日夜、記者団に対し「普天間の現状固定化を断固阻止する。知事と連絡を取り合って政府に訴えていく」と述べた。

 一方、伊波氏は選挙中、集会や街頭演説で普天間問題を積極的に取り上げて政府との対決姿勢を強調した。労組などの支援も受けたが、市長2期目途中の10年11月の知事選に出馬し敗れた末の「出戻り」への批判などがあり、票を伸ばせなかった。また、民主党県連は自主投票だったが、沖縄選出の民主国会議員2人や地方議員の一部が伊波氏を支援した。

 今回の市長選は前市長の病気辞職に伴うもの。投票率は63.90%で、知事選と同日だった前回を3.23ポイント下回った。当日有権者数は6万9926人だった。【井本義親】

« 2号機、一時90度近くに=東電「再臨界ない」、注水増―温度計故障か・福島第1 | トップページ | 民主・高橋昭一議員、維新の会政治塾に応募 »

日米関係」カテゴリの記事