無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権見直し研究? 外相、イラン問題で言及 | トップページ | 橋下市長「住民投票必要ない」…原発稼働の是非 »

2012年2月21日 (火)

辺野古「環境保全は不可能」=アセスに意見書提出-沖縄知事

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012022000793
辺野古「環境保全は不可能」=アセスに意見書提出-沖縄知事

 沖縄県は20日午後、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設先の環境影響評価書に対し、県条例分(飛行場建設)に関する仲井真弘多知事の意見書を防衛省沖縄防衛局に提出した。意見書は「生活環境および自然環境の保全を図ることは不可能」と指摘。環境保全の観点から、日米両政府が合意した同県名護市辺野古沿岸への移設は望ましくないとの考えを示した。
 また、辺野古移設に関し「地元の理解が得られない移設案を実現することは事実上不可能」と強調した上で、日米両政府に普天間飛行場の県外移設と早期返還を求めた。
 仲井真知事は環境影響評価法に基づく辺野古沿岸部埋め立てに対する意見書も、3月27日までに提出するが、ほぼ同様の内容になる見通し。防衛省はこれらの意見書を踏まえ、評価書の一部を補正する方針だが、この後の埋め立て申請手続きは未定だ。 
 今回の意見書は、沖縄防衛局が昨年末に提出した評価書について、25項目175件にわたり「不適切な事項」があると指摘。「航空機騒音の予測に用いた騒音データはどのようなときの騒音値なのか不明」などと明記した。評価書提出前の準備書段階で記載のなかった、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが新たに評価対象となったことについても、「詳細な事業内容を早期段階から示すなど真摯(しんし)に対応すべきだった」と批判した。
 意見書は、県職員が同県嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、担当者に手渡した。これを受け、同局の真部朗局長は「関係法令に基づき適切に対応する」とのコメントを発表した。(2012/02/20-22:13)

« 集団的自衛権見直し研究? 外相、イラン問題で言及 | トップページ | 橋下市長「住民投票必要ない」…原発稼働の是非 »

日米関係」カテゴリの記事