無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「参院廃止」項目も検討 維新の衆院選公約策定 | トップページ | 「緊急事態」口実に改憲論/参院憲法審が意見聴取へ »

2012年2月12日 (日)

ホルムズ海峡 タンカーに護衛艦、掃海艇も派遣 自衛隊対処案

おい、おい、この連中、本当に戦争に介入する気か。(高田)

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20120211086.html
ホルムズ海峡 タンカーに護衛艦、掃海艇も派遣 自衛隊対処案
2012年2月11日(土)08:00

(産経新聞)

 イランのホルムズ海峡封鎖に備え、自衛隊が対処計画の策定に入ったことが10日、分かった。原油輸送のタンカーを警護するため海上警備行動に基づく護衛艦派遣と、軍事衝突後の戦後処理で機雷を除去する掃海艇派遣の2案が柱だ。野田佳彦首相も同日の衆院予算委員会で「ホルムズ海峡で何か起こったときの想定はやらなければいけない」と述べた。

 首相は「特別措置法や(海外派遣の)一般法という段階ではない」とも述べ、現行法の枠内で対応する考えを表明。検討すべき自衛隊の活動として「戦闘状態のときは限界があるかもしれないが、その前後にできること」と明示した。

 核開発をめぐり欧米諸国などとの対立を深めるイランがホルムズ海峡封鎖に踏み切れば対艦ミサイルや機雷でタンカーなど民間船舶の航行を妨げることが想定される。日本の輸入原油の85%は同海峡を通過しており、深刻な影響を受ける。

 このため海上自衛隊の護衛艦部隊を派遣し、日本籍や日本の事業者が運航する外国船舶を警護する案が浮上した。派遣の法的根拠は海上警備行動となる。アフリカ・ソマリア沖の海賊対策でも、海賊対処法の制定前には海上警備行動で護衛艦を派遣している。

 ソマリア沖に派遣中の護衛艦2隻をホルムズ海峡に振り向ける案もあるが、海賊対策に穴をあけるのは得策ではないとして日本から護衛艦を派遣する。イランが中距離弾道ミサイル「シャハブ3」などを保有していることを踏まえ、ミサイル探知能力の高いイージス艦の派遣も検討している。

 海自の掃海艇部隊による機雷除去は戦闘行為停止後の「遺棄機雷」に限定される。戦闘前や戦闘中の段階ではイランが「作戦行為」としてまいた機雷を他国軍と除去すれば、政府が現在憲法上許されないとしている集団的自衛権に抵触するとの解釈があるためだ。1990年8月のイラクによるクウェート侵攻後、海自は(1)多国籍軍の海上輸送支援(2)掃海(3)民間船舶警護の護衛艦(4)邦人輸送用の護衛艦-の派遣案を盛り込んだ対処計画を策定。翌91年1月からの湾岸戦争が終了した後、これをもとに同年4月に掃海艇など6隻をペルシャ湾へ派遣した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120210-OYT1T01277.htm
自衛隊のホルムズ海峡派遣、法制面を検討…首相

 野田首相は10日の衆院予算委員会で、イランがペルシャ湾入り口のホルムズ海峡の封鎖を警告していることに関連し、「日本のエネルギー源をそこに頼っていることを考えれば、ホルムズ海峡で何か起きた時を想定し、その前とその後にできることを含め、議論は当然やっておかなければいけない」と述べた。

 緊急事態に備え、現地への自衛隊派遣に法制面でどのような課題があるかなどについて、検討を行う意向を示したものだ。自民党の西村康稔氏の質問に答えた。

 日本が輸入する原油の8割以上がホルムズ海峡を経由している。

 首相はまた、自衛隊の海外派遣を包括的に定める恒久法(一般法)制定への議論を超党派で進めることに前向きな考えを示した。
(2012年2月10日23時27分  読売新聞)

« 「参院廃止」項目も検討 維新の衆院選公約策定 | トップページ | 「緊急事態」口実に改憲論/参院憲法審が意見聴取へ »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事