無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民主・高橋昭一議員、維新の会政治塾に応募 | トップページ | 維新公約、実現性に疑問=石原自民幹事長 »

2012年2月14日 (火)

<原発住民投票>条例制定 市民団体が橋下・大阪市長に請求

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000031-mai-soci

<原発住民投票>条例制定 市民団体が橋下・大阪市長に請求

毎日新聞 2月14日(火)11時1分配信
 関西電力管内の原発稼働の賛否を問う住民投票の実施を目指し、市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は14日、投票実施の条例制定を大阪市の橋下徹市長に請求した。東京電力福島第1原発事故後で初の原発に関する住民投票の直接請求で、原発のない大都市での直接請求が行われたのも初めてとなる。条例が成立するかどうかが注目される。

 請求を受け、橋下市長は20日以内に賛否の意見を添えて、条例案を市議会に付議する。条例案の成立には市議会で過半数の賛成が必要で、今後は市議会の対応が焦点になる。

 請求した条例案では、施行から90日以内に、関電が保有する原発全11基の稼働の賛否を問う住民投票を実施する。市長には投票結果を尊重し、関電や国と協議して電力政策に反映するとの努力義務を課す。一方、橋下市長は住民投票の実施に否定的だ。大阪市は関電の筆頭株主。今年6月の関電の株主総会で脱原発依存を株主提案する方針の橋下市長は「昨年の市長選で既に民意は示されており、住民投票の費用がもったいない」としている。

 団体は大阪市と東京都で住民投票を計画した。大阪市内では期限の1カ月間で、請求に必要な署名数(4万2673人)を超える5万5428人分の有効署名を集めた。署名集めが続いている東京でも13日現在で約28万人分の署名が集まり、請求に必要な21万人分を大幅に上回っている。【原田啓之】

 ◇原発住民投票条例案の概要◇

▽投票の有資格者は、大阪市内に住む16歳以上の日本人と永住外国人

▽投票方法は、関西電力管内の原発の稼働への賛否を投票用紙に記入

▽戸別訪問などの投票運動は自由だが、買収や脅迫などは禁止

▽市長は投票結果を尊重し、関西電力や国と協議して市民の意思が反映されるよう努める

« 民主・高橋昭一議員、維新の会政治塾に応募 | トップページ | 維新公約、実現性に疑問=石原自民幹事長 »

民衆の運動」カテゴリの記事