無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権容認に反対=公明代表 | トップページ | 「18歳選挙権」、賛成相次ぐ=参院憲法審 »

2012年2月28日 (火)

自民が憲法改正原案 「元首」に天皇、「自衛軍」創設も

http://www.asahi.com/politics/update/0228/TKY201202270667.html
自民が憲法改正原案 「元首」に天皇、「自衛軍」創設も

 自民党の憲法改正推進本部(本部長・保利耕輔元政調会長)が作成した憲法改正原案が明らかになった。天皇を「元首」とし、自衛隊を「自衛軍」と明記。有事や大災害を想定して、首相が「緊急事態」を宣言できるとし、国民が国の指示に従う義務も盛り込むなど、保守色の強い内容だ。

 原案では「国民主権」をうたったうえで、「我が国は、長い歴史と固有の文化を持ち、日本国民統合の象徴である天皇を戴(いただ)く国家」と前文に明記。また、現行憲法に規定のない国旗、国歌について「日本国の表象として法律で定める」とし、「尊重しなければならない」と義務づけた。

 安全保障分野については、首相を最高指揮権者とする「自衛軍を保持」と明記。現9条の「戦争放棄」は維持するものの、集団的自衛権の行使も念頭に「自衛権の発動を妨げるものではない」として「自衛権」を明確化した。

« 集団的自衛権容認に反対=公明代表 | トップページ | 「18歳選挙権」、賛成相次ぐ=参院憲法審 »

改憲動向」カテゴリの記事