無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 校長の「反乱」―教委の強圧を許す司法 | トップページ | 自民、連用制導入に消極的 衆院選改革で9党協議 »

2012年2月 1日 (水)

平沼氏「自主憲法を新党綱領に」 保守系議員の参加促す

平沼にしても橋下にしても、「船中八策」ばやりだ。これで受けを狙っている。竜馬のそれは改良主義とはいえ歴史の進歩を目指した「船中八作」だ。改憲などと言う歴史の反動の平沼や橋下(彼はまだ言っていないけどね)とは似ても似つかない。ちゃんちゃらおかしいよ。(高田健)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012020101001629.html
平沼氏「自主憲法を新党綱領に」 保守系議員の参加促す

2012年2月1日 17時43分

 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は1日の記者会見で、亀井静香国民新党代表や石原慎太郎東京都知事と共に結成を目指す新党の綱領に「自主憲法制定」を盛り込みたいとの意向を示した。

 自主憲法制定は平沼氏の持論。保守色の強い石原氏をリーダーに迎え、たちあがれ日本の党是である自主憲法制定を新党の綱領に継承することで、民主、自民両党などの保守系議員に参加を促したい考えだ。

 新党結成に向けた準備状況に関しては「(坂本竜馬が示した国家構想)『船中八策』のような国の基幹に関わる政策を、英知を絞って作っていかないといけない。そういう作業がいま進行している」と説明した。
(共同)

« 校長の「反乱」―教委の強圧を許す司法 | トップページ | 自民、連用制導入に消極的 衆院選改革で9党協議 »

改憲動向」カテゴリの記事