無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間の辺野古移設推進を改めて確認 日米審議官級協議 | トップページ | 沖縄知事「県外求める」環境評価意見書に明記へ »

2012年2月 7日 (火)

岩国へ海兵隊分散案 米、普天間補修費も要求

http://www.asahi.com/politics/update/0207/TKY201202060686.html
岩国へ海兵隊分散案 米、普天間補修費も要求

 日米両政府の米軍再編の見直し協議で、米側が沖縄の海兵隊の一部を在日米軍岩国基地(山口県岩国市)などに分散移転する案を日本政府に打診していることが明らかになった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の補修費負担を日本側に要求していることも判明。一方、日本側は米側に対し、グアム移転の費用負担の減額を求める方針だ。

 両政府は、海兵隊のグアム移転を普天間移設と切り離して先行させるとともに、移転の規模を当初の8千人から4700人に縮小することで大筋合意。残りは豪州やフィリピンなどにローテーションで派遣するとしている。

 日本政府関係者は6日、「沖縄の痛みを全国で引き受ける国内分散案も浮上した」と説明。米側から岩国移転案を打診されていることを明らかにした。韓国内の米軍基地などに移転する案も示されたという。

« 普天間の辺野古移設推進を改めて確認 日米審議官級協議 | トップページ | 沖縄知事「県外求める」環境評価意見書に明記へ »

日米関係」カテゴリの記事