無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 大飯原発 再稼働で調整 政権、夏前の運転再開目指す | トップページ | 橋下氏の政治塾、応募殺到1千人…元国会議員も »

2012年2月 9日 (木)

脱原発 7月に10万人集会

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012020902000028.html
脱原発 7月に10万人集会

2012年2月9日 朝刊

会見する(左から)落合恵子氏、鎌田慧氏、大江健三郎氏=8日、東京都千代田区で

 脱原発を訴え、昨年九月に東京・明治公園で「さようなら原発五万人集会」を開いた作家の大江健三郎さんらが八日、都内で記者会見し、七月十六日にも東京・代々木公園で十万人規模の「さようなら原発集会」を開催すると発表した。また、既存の原発の計画的廃止などを求める要請文を、立地自治体の首長らに近く届ける。

 呼び掛け人は他に、ルポライターの鎌田慧さんや作家の落合恵子さんら。要請文では「福島原発事故から明白になったことは、『安全な原子力発電』などないという厳然たる事実。核と人類は共存できない」「決して再稼働を認めることなく、代替エネルギーの道をともに考え、原発のない社会へ向かいましょう」と訴えている。

 現在、全国の原発のうち五十一基が停止中。鎌田さんは「原発がなくても困らない現実があるのに、政府はなんとかして再稼働させようとしている」と指摘。大江さんは「事故はまた起きると思う。明日の子どもたちに倫理的な責任を取ろうと思うなら、原発を今廃止するという決意しかない」と述べた。

 昨年九月の集会には約六万人(主催者発表)が参加。メンバーは脱原発を求める一千万人分の署名も呼び掛けており、既に約五百万人分が集まった。今月十一日にも代々木公園で署名活動を行う。

« 大飯原発 再稼働で調整 政権、夏前の運転再開目指す | トップページ | 橋下氏の政治塾、応募殺到1千人…元国会議員も »

民衆の運動」カテゴリの記事