無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 太陽光など再生エネが4割=10年後の電力担い手―近畿圏で時事通信調査 | トップページ | 原発再稼働、民主が容認へ 夏の電力不足を懸念 »

2012年2月16日 (木)

首相公選制7割が賛成=消費増税反対は過半数-時事世論調査

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012021600642
首相公選制7割が賛成=消費増税反対は過半数-時事世論調査

 時事通信社が9~12日実施した世論調査によると、国民の直接選挙で首相を選ぶ「首相公選制」について、「賛成」が73.6%に上り、「反対」の13.5%を大きく上回った。首相公選制は、橋下徹大阪市長率いる地域政党「大阪維新の会」が次期衆院選公約「維新八策」にも掲げており、論議を呼ぶ可能性がある。
 一方、消費税率を2015年10月に10%に引き上げる政府方針について、賛成は前月比0.8ポイント減の39.9%、反対は同1.0ポイント増の53.8%で、ほぼ横ばいだった。 
 消費増税と衆院解散の時期の関係については、「増税関連法案の国会提出前に解散すべきだ」が35.7%、「増税関連法案を成立させた上で解散すべきだ」が19.7%、「増税を争点にした解散は当面必要ない」が31.9%だった。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で実施した。有効回収率は63.3%。(2012/02/16-15:44)

« 太陽光など再生エネが4割=10年後の電力担い手―近畿圏で時事通信調査 | トップページ | 原発再稼働、民主が容認へ 夏の電力不足を懸念 »

改憲動向」カテゴリの記事