無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発再稼働、民主が容認へ 夏の電力不足を懸念 | トップページ | 機雷除去の海自派遣、現行法で可能…官房長官 »

2012年2月16日 (木)

「原発安全審査、不十分だった」 班目・寺坂両氏が謝罪

http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY201202150593.html
「原発安全審査、不十分だった」 班目・寺坂両氏が謝罪

 東京電力福島第一原発事故の原因を検証する国会の事故調査委員会は15日、参考人として、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長と経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭前院長から、事故時の対応や原発規制などについて聴取。両氏は原発の安全審査指針が不十分だったと認め、謝罪した。

 班目氏は、原発の立地基準や設計についてまとめた原子力安全委員会の安全審査指針について、津波や長時間の電源喪失に対する十分な記載がなかったことに言及。「瑕疵(かし)があった。誤りがあったと認めざるを得ない」と陳謝。寺坂氏も「安全規制担当者として、本当に申し訳ない」と語った。

 事故調の黒川清委員長は聴取後の記者会見で「(現在の)審査指針は全面的な改定が必要。緊急時の備えができていない」と述べた。

« 原発再稼働、民主が容認へ 夏の電力不足を懸念 | トップページ | 機雷除去の海自派遣、現行法で可能…官房長官 »

原発情勢関連」カテゴリの記事