無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「東日本大震災と憲法」で議論…参院憲法審査会 | トップページ | 米軍再編見直し 米戦略優先 グアム移転先行/日米両政府 新基地計画も継続 »

2012年2月 9日 (木)

米軍再編:山口県知事「岩国が外れるまで愛宕山売却留保」

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120209k0000e010160000c.html
米軍再編:山口県知事「岩国が外れるまで愛宕山売却留保」

 米政府が在沖海兵隊の一部を米軍岩国基地(山口県岩国市)に移転させることを日本政府に打診したことについて、山口県の二井関成知事は9日、「断固反対する。(計画から)岩国への移転が完全にはずれることが明らかになるまでは愛宕山(地域事業開発跡地)の国への売却を留保する」と述べた。空母艦載機の岩国基地移転にも影響が出る可能性が出てきた。記者団の取材に答えた。

 山口県は、14年までに予定している米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地への空母艦載機59機の移転に必要な米軍住宅用地として愛宕山跡地を168億9000万円で国に売却する方針を決めていた。二井知事は来週にも福田良彦・岩国市長と上京し、外務、防衛両省に地元の海兵隊移転反対の意思を伝える。

 8日発表された日米共同文書には岩国移転についての言及はなかったが、在沖海兵隊の移転先の具体的な計画は明らかにされていない。

 二井知事は「外相が一般論とはいえ、国内移転の可能性を示唆した」と指摘した。【尾村洋介】

« 「東日本大震災と憲法」で議論…参院憲法審査会 | トップページ | 米軍再編見直し 米戦略優先 グアム移転先行/日米両政府 新基地計画も継続 »

日米関係」カテゴリの記事