無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米、普天間の辺野古移設を断念へ | トップページ | 普天間の辺野古移設推進を改めて確認 日米審議官級協議 »

2012年2月 7日 (火)

沖縄負担、分かち合いも重要=米海兵隊移転で-玄葉外相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012020700406
沖縄負担、分かち合いも重要=米海兵隊移転で-玄葉外相

 玄葉光一郎外相は7日午前の記者会見で、在日米軍再編計画の見直しで、米政府から沖縄の海兵隊の米軍岩国基地(山口県)移転を打診されたことに関連し、「一般論として、(沖縄の)負担軽減の意味で、国外(移転)という面と、全国で負担を分かち合う意味と両面ある」と述べ、沖縄の負担を国内で分担することも重要との認識を示した。
 日米両政府は、計画見直しに関する合意内容を13日の米予算教書公表に合わせて発表する予定だが、玄葉氏は、週内への前倒しもあり得ると指摘した。 
 海兵隊の日本国内への移転について、田中直紀防衛相は記者会見で「最終的には地域の方々のご理解が得られなければならない。(関係する)地域の皆さんとの連携は大事だ」と述べ、地元の理解が前提だと強調した。
 一方、野田佳彦首相は7日午前の参院予算委員会で「米海兵隊を岩国基地に移転させる協議は行っていない」と述べた。同基地には米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機の移駐などが決まっており、日本政府としては、周辺住民の負担がさらに増す海兵隊移転には慎重に対応する考えだ。(2012/02/07-12:16)

« 米、普天間の辺野古移設を断念へ | トップページ | 普天間の辺野古移設推進を改めて確認 日米審議官級協議 »

日米関係」カテゴリの記事