無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国防方針改訂に前向き=野田首相「大いに議論」 | トップページ | 辺野古「環境保全は不可能」=アセスに意見書提出-沖縄知事 »

2012年2月17日 (金)

集団的自衛権見直し研究? 外相、イラン問題で言及

誠に危うい。改憲をめざした安倍晋三内閣に追いつき、追い越すつもりか。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0217/TKY201202170252.html

集団的自衛権見直し研究? 外相、イラン問題で言及

 玄葉光一郎外相は17日の衆院予算委員会で、イランの核開発疑惑で国際社会が軍事制裁に出た場合の対応を問われ、「わが国は集団的自衛権を保有するが行使しないという(憲法)解釈に立つが、公海上で米艦を防護するとか、そろそろ超えなくてはいけないのではという議論が行われた」と述べた。過去の政府内の議論に触れつつ、イラン問題を機に憲法解釈見直しに意欲を示したともとれる発言だ。

 新党きづなの渡辺浩一郎氏が「ホルムズ海峡での国際貢献で集団的自衛権の行使が検討できるか」と質問したのに答えた。公海上の米艦防護など「4類型の研究」をしたのは安倍内閣のことで、玄葉氏は「現時点で野田内閣として行使するという解釈に立つわけではない」と補った。

« 国防方針改訂に前向き=野田首相「大いに議論」 | トップページ | 辺野古「環境保全は不可能」=アセスに意見書提出-沖縄知事 »

集団的自衛権」カテゴリの記事