無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島第一2号機さらに温度上昇、78・3度に | トップページ | ホルムズ海峡 タンカーに護衛艦、掃海艇も派遣 自衛隊対処案 »

2012年2月12日 (日)

「参院廃止」項目も検討 維新の衆院選公約策定

前にも書いたが「船中八策」などと、格好をつけているが、政治哲学に欠ける項目を羅列したレジメ以外に政策はなく、間に合わせに発信しているだけ。しかし、しっかり、首相公選制、参院の廃止など、改憲が必要な事項を盛り込んでいる。新たな改憲策動だ、要、注意。(高田)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000502-san-soci
「参院廃止」項目も検討 維新の衆院選公約策定

産経新聞 2月11日(土)0時11分配信
 橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が、次期衆院選の公約となる「維新版・船中八策」の策定過程で、政策の一つとして「参院の廃止」についても検討していることが10日、維新関係者への取材で分かった。参院の形骸化が指摘される中、世論などを見極めながら盛り込むかどうかを判断するとみられる。

 維新内部には、参院について、衆院と異なり解散がないことで中長期的な課題に取り組めるという本来の理念が失われているとの見方がある。衆院と同様に政党色が強まることで、ねじれ国会が生まれることにもつながっている。

 一方、橋下市長は10日、船中八策の中に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加を盛り込む方針を明らかにするとともに、外交・安全保障では日米同盟を基軸とする考えも示した。

 橋下市長は「国のアイデンティティーはしっかり意識するが、マーケットについては国境を意識しないのが基本方針」と強調。「自主独立の軍事力を持たない限り、米国の軍事力に頼らざるを得ない。できれば日米豪というラインで軸をつくりたい」とも述べた。

« 福島第一2号機さらに温度上昇、78・3度に | トップページ | ホルムズ海峡 タンカーに護衛艦、掃海艇も派遣 自衛隊対処案 »

改憲動向」カテゴリの記事