無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 東京の原発住民投票 署名追い込み 戸別訪問や店開拓 | トップページ | 首都直下、4年以内発生70%も 地震で東京大試算 »

2012年1月23日 (月)

大阪維新の会:「全国で擁立」に「ハードル高い」「脅し」

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120123k0000m010128000c.html
大阪維新の会:「全国で擁立」に「ハードル高い」「脅し」

 大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が全国で候補者擁立を検討していることに対し、民主、自民からは資金面などから「ハードルは高い」「ブラフ(脅し)では」と懐疑的な見方が出る一方、公明党内には期待感も生まれている。

 最大のネックになるとみられるのが選挙資金だ。自民党選対幹部によると、衆院選に出馬する場合、候補者1人につき少なくとも1000万~2000万円はかかる。

 維新の「全国展開」を聞いたこの幹部は「どう資金を工面するのか」とあきれ気味で、「すごいブームだが、過半数を取るぐらいの大量当選ができると思ったら大間違い。失敗すれば、維新は勢いを失い雲散霧消する。橋下氏は大風呂敷を広げすぎだ」と憤った。

 民主党大阪府連幹部も「都構想実現に向けてアドバルーンを上げ、実際は既成政党の協力を促す戦略だろう」との見方。逆に維新が連携を検討している公明党府本部の幹部は「全国的に維新の国政進出には好意的な声が多い。橋下氏を旗頭に各地で既成政党に不満を持つ勢力が呼応すれば、資金、人材両面での問題もクリアされる可能性はある」と期待する。【高山祐、堀文彦】

« 東京の原発住民投票 署名追い込み 戸別訪問や店開拓 | トップページ | 首都直下、4年以内発生70%も 地震で東京大試算 »

「国内情勢」カテゴリの記事