無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 議員は国民とのパイプ 世界に比べ多くない | トップページ | 日本への言及、3年連続なし=米大統領一般教書演説 »

2012年1月24日 (火)

反原発テントに撤去要請=ぼや発生「危険放置できず」-枝野経産相

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012012400306
反原発テントに撤去要請=ぼや発生「危険放置できず」-枝野経産相

 枝野幸男経済産業相は24日の閣議後記者会見で、反原発を訴える市民が昨年9月から経産省敷地内にテントを設置し、不法占拠を続けている問題に関し、テントの撤去と敷地内からの退去を要請したと発表した。従来も口頭で求めてきたが、今回は文書で要請した。
 経産省によると、テントでは昨年末、ぼやが発生したが、その後も火気の使用を続けている。経産相は「主張はともかく危険な行為は放置できない」と指摘。通行人や建物に影響があるとして、自主的に退去を求める考えを示した。(2012/01/24-12:06)

http://www.asahi.com/politics/update/0124/TKY201201240518.html
経産省前テント、経産相が立ち退き要請 強制排除はせず

経産省の敷地に立てられたテント前で、立ち退きを求められる市民団のメンバー=24日午後、東京・霞が関、森井英二郎撮影

 「脱原発」を求める市民団体らが東京・霞が関の経済産業省前にある同省敷地にテントを張り、4カ月以上にわたって署名集めなどをしている。ぼや騒ぎなどがあったため、枝野幸男経産相は24日の記者会見で自主的な立ち退きを求めた。

 団体は「経産省前テントひろば」で、昨年9月11日からテント2張りで、メンバーが交代で寝泊まりしながら脱原発や福島県民への補償を訴えている。これまでに約1万5千人の署名を集めたという。

 経産省は口頭で立ち退きを求めてきたが、強制的な排除には踏み切っていない。しかし、昨年末にガソリン式発電機でぼや騒ぎが起きたのを受け、枝野氏は24日の会見で「主張や活動内容はともかく、火気の使用など危険な行為は放置できない」と話し、経産省は初めて文書で立ち退きを求めた。

 18日に経産省であった原発再稼働の意見聴取会では、脱原発を訴える市民団体らが会議室を占拠した。この時、枝野氏は「心情的には原発の再稼働は限りなく慎重にという主張にかなり近い」と語っており、テントへの対応も慎重に進めているようだ。(福山崇)

« 議員は国民とのパイプ 世界に比べ多くない | トップページ | 日本への言及、3年連続なし=米大統領一般教書演説 »

民衆の運動」カテゴリの記事