無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 世界会議 横浜に30カ国 子どもも「脱原発」/ 脱原発 横浜宣言 8項目を提言 世界会議閉幕 | トップページ | 四国電の全原発停止 全国で稼働は5基に  »

2012年1月16日 (月)

原発住民投票、署名は6万1千人分 大阪市選管に提出/橋下市長「原発住民投票に5億円かける価値ない」

大阪の運動は大変な苦労でとりあえずの必要署名数を集めたようだ。これから、選管の審査になる。そのご、大阪市議会での付議。今井君達が期待していた橋下市長はすでに「5億もかけてやる意味なし」と言っている。今井君は腹をたてているが、もともとそんなもんだよ。今井君の見込みが甘かっただけだ。自民党や、橋下の手下が大勢いる市議会は拒否するだろう。今井君は運動をしたことに意味があったと強弁するだろうが、そうだとしたら無責任のかぎりだ。東京も止めた方がいいよ。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/0116/OSK201201160026.html
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201201100040.html
原発住民投票、署名は6万1千人分 大阪市選管に提出

 東京都と大阪市で原発の是非を問う住民投票を目指す市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」は16日、大阪市民から集めた投票のための条例制定を求める署名を同市の各区選挙管理委員会に提出した。グループによると、署名は約6万1千人分に達したという。

 署名は有権者数の50分の1以上が必要で、大阪市の場合は4万2673人分になる。提出された署名は各区選管が20日以内に審査し、その後、一般公開する縦覧が7日間ある。市全体で必要数を上回ったと認められれば、グループは橋下徹市長に条例の制定を直接請求し、市長は意見書を添えて市議会に付議する。一方、東京では署名集めの期間が2月9日まである。

 グループ事務局長でジャーナリストの今井一さん(57)は「仮に2~3割が無効とされても大丈夫な数字。請求できることは間違いない」と自信を示した。

橋下市長「原発住民投票に5億円かける価値ない」

 市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」が、原発の是非を問う住民投票条例制定の直接請求に必要な署名を集めたと発表したことについて、橋下徹市長は10日、「(投票の費用が)5億円ぐらいかかる。(原発の)是か非かだけで5億かけてやる価値は僕はないと思っている」と述べ、住民投票の実施に否定的な考えを示した。

 橋下氏は「住民が考えて行動したことは重く受け止める」としつつ、昨秋のダブル選で脱原発依存や関西電力への株主提案権行使を掲げて当選したことを踏まえて「大阪の脱原発の意思は選挙で示された。(住民運動の)エネルギーを京都市や神戸市に振り向けてほしい」と、関電株を持つ両市に株主提案を迫る住民運動を展開するよう訴えた。

 橋下氏は株主提案権の行使について、市特別顧問で元経済産業省官僚の古賀茂明氏を中心に、自然エネルギー政策に詳しい飯田哲也・環境エネルギー政策研究所長や同省の若手官僚らでチームを作って方策を練る方針も示した。

« 世界会議 横浜に30カ国 子どもも「脱原発」/ 脱原発 横浜宣言 8項目を提言 世界会議閉幕 | トップページ | 四国電の全原発停止 全国で稼働は5基に  »

民衆の運動」カテゴリの記事