無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 新型インフル流行備え特措法案、集会中止指示も | トップページ | 社民党党首選:福島氏に対立候補…阿部氏らが検討 »

2012年1月11日 (水)

50隻体制を維持=日本に期待、アジア重視戦略-米海軍トップ

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012011100113
50隻体制を維持=日本に期待、アジア重視戦略-米海軍トップ

 【ワシントン時事】米海軍制服組トップのグリナート作戦部長は10日、ワシントン市内で講演し、オバマ大統領が打ち出したアジア重視の新国防戦略を踏まえ、現在の西太平洋の艦艇50隻体制を維持する考えを示した。日韓やオーストラリア、インドとの連携強化と役割分担の重要性も強調した。
 グリナート作戦部長は、西太平洋に派遣している海軍艦艇50隻のうち半数が日本とその近海に配備されていると説明。「(連携相手の)ナンバーワンは日本の海上自衛隊だ」と語り、対中国や北朝鮮の警戒監視活動での役割分担を期待した。
 一方で「極東に(さらに)大規模な海軍の体制を構築するつもりはない」と戦力投入に限界があることも指摘。「われわれは南シナ海の航行の自由の重要性で合意している」と述べ、同盟国、友好国との協力が不可欠だと訴えた。 
 このほか、シンガポールが米原子力空母の接岸施設を建造したことも明らかにした。イランについては「目を離すことはない」と述べ、中東に展開する30隻体制も維持するとした。(2012/01/11-09:00)

« 新型インフル流行備え特措法案、集会中止指示も | トップページ | 社民党党首選:福島氏に対立候補…阿部氏らが検討 »

日米関係」カテゴリの記事