無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「綱領教室」志位委員長の第10回講義 第4章 民主主義革命と民主連合政府(2) 民主的改革の方針を国民多数のものに | トップページ | 東京【社説】拘束型住民投票 先送りは民意の軽視だ »

2012年1月12日 (木)

社民党首選へ対抗馬擁立=福島氏は出馬表明-阿部氏ら

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012011200416
社民党首選へ対抗馬擁立=福島氏は出馬表明-阿部氏ら

 社民党の福島瑞穂党首は12日午前の三役会議で、20日告示の党首選に5選を目指して立候補する意向を表明した。一方、同党の阿部知子政審会長、照屋寛徳国対委員長、服部良一衆院議員は12日午前、衆院議員会館で記者会見し、福島氏の対抗馬擁立を目指す考えを明らかにした。
 阿部氏らは、党所属議員に立候補を呼び掛けるが、告示日までに誰も手を挙げない場合、3氏の代表者が出馬する考えも示した。 
 照屋氏は会見で「福島党首になって以来、選挙は負け続け。選手交代すべきだ」と強調。阿部氏も「現職がどかない限り次がないのであれば、北朝鮮体制以上だ」と福島氏の多選を批判した。
 社民党は1996年に旧社会党から党名変更して以降、無投票で党首を選出。対立候補が出馬すれば初の党首選となる。(2012/01/12-13:15)

« 「綱領教室」志位委員長の第10回講義 第4章 民主主義革命と民主連合政府(2) 民主的改革の方針を国民多数のものに | トップページ | 東京【社説】拘束型住民投票 先送りは民意の軽視だ »

「国内情勢」カテゴリの記事