無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 消費増税:「低所得者へ1万円」案、民主党内で浮上 | トップページ | 産経主張:18歳選挙権 まず憲法論議を進めよう »

2012年1月29日 (日)

「維新の会」候補、150人が応募…現役官僚も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120129-00000268-yom-pol

「維新の会」候補、150人が応募…現役官僚も

読売新聞 1月29日(日)12時53分配信
 「大阪維新の会」の幹部によると、橋下徹大阪市長は次期総選挙では300人程度を擁立し、200議席の獲得を目指している。

 自ら塾長を務める「維新政治塾」を3月に発足させ、候補者養成も本格化させる方針だ。28日に開いた政治塾の準備委員会では、既に150人の応募があったことが報告された。現役官僚や落選中の元国会議員らも含まれているという。

 橋下氏に呼応して、愛知県の大村秀章知事も28日、次期衆院選での候補擁立に向け、4月に政治塾「東海大志塾」を開講する意向を明らかにした。「中京都構想」を掲げる大村知事は、石原氏、橋下氏と連携して「東京、大阪、名古屋の『3都構想』」を訴え、衆院比例東海ブロックの愛知、岐阜、三重、静岡県を中心に100人程度の候補希望者を募る方針だ。

 各方面から連携を期待される橋下氏は28日放映のテレビ番組で、「自民党も民主党も価値観がバラバラで、何も変わらない。僕は同じ価値観、政策のメンバーを集める」と述べ、第3極結集に意欲を示した。

 ただ、橋下氏がこれまで訴えてきた政策は、大阪府・市の改革が中心。国政に関しては、「日本の統治機構は機能不全。このままでいったら1億2000万人総沈没だ」といった政権批判に終始し、社会保障や税制、安全保障などの国の基本的政策には、ほとんど言及していない。

最終更新:1月29日(日)12時53分

« 消費増税:「低所得者へ1万円」案、民主党内で浮上 | トップページ | 産経主張:18歳選挙権 まず憲法論議を進めよう »

「国内情勢」カテゴリの記事