無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 南スーダン、数万人が避難 民族衝突激化、死傷者も | トップページ | 「共謀罪」を国際公約…法相・民主に慎重論 5月創設に難航必至 »

2012年1月 4日 (水)

「日本の存亡かけ政治決戦」 自民党、今年の運動方針案

http://www.asahi.com/politics/update/0103/TKY201201030394.html
「日本の存亡かけ政治決戦」 自民党、今年の運動方針案

 自民党が22日の党大会で決める2012年運動方針案が明らかになった。「日本の存亡をかけた政治決戦の年」として衆院解散・総選挙での政権奪還を目標に掲げており、与野党対決は一層激しくなりそうだ。

 民主党政権を「国民、国家を守る気概も能力もない」と酷評し、谷垣禎一総裁の任期が今年9月で切れることを踏まえて「不退転の決意で戦い抜く」と強調している。新たな憲法改正案をつくって国会に提出することや集団的自衛権行使の法整備も明記。橋下徹大阪市長の「大阪都構想」を念頭に、新たな大都市制度の策定を重要政策に掲げている。いずれも総選挙を意識したものだ。

 一方、消費増税については「税制の抜本改革の必要性」を指摘するにとど

« 南スーダン、数万人が避難 民族衝突激化、死傷者も | トップページ | 「共謀罪」を国際公約…法相・民主に慎重論 5月創設に難航必至 »

改憲動向」カテゴリの記事