無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発、運転開始40年で廃炉へ 細野担当相が方針 | トップページ | 民主離党組の受け皿狙う=「きづな」と別路線-鈴木新党 »

2012年1月 7日 (土)

内閣改造、国会召集前で調整=13日にも、混乱回避狙い-野田首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
内閣改造、国会召集前で調整=13日にも、混乱回避狙い-野田首相

 野田佳彦首相は6日、政権浮揚のため検討している内閣改造について、1月24日となる見通しの通常国会召集前に行う方向で調整に入った。参院で問責決議を受けた一川保夫防衛相と山岡賢次消費者担当相を続投させた場合、自民党などが審議を拒否し、国会が冒頭から混乱する可能性があることから、召集前に両閣僚を交代させる必要があるとの判断に傾いた。
 当面の政治日程に関し、藤村修官房長官は、13日の閣議には全閣僚が出席するよう指示。これを受け、一川防衛相は11~13日の日程で予定していた海外出張を9~12日に前倒しし、古川元久経済財政担当相も11~15日の米国訪問を取りやめた。
 13日には衆参両院の議院運営委員会が開かれ、政府側が国会召集日を正式に伝達する予定。首相周辺は6日夜、「この段階で改造があるかどうかはっきりさせておく必要がある」と述べた。このため政府・民主党内では、早ければ13日中か、民主党大会(16日)直後の17日に首相が改造を断行するとの見方が浮上している。 
 政府・与党は6日、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革素案を決定。民主党は来週、野党に正式に協議を申し入れる。首相は野党に協議への参加を促すためにも、国会召集前の環境整備が欠かせないとの判断を強めつつある。ただ、民主党内には、復興庁が発足する2月上旬に合わせての改造論もなお残っている。
 内閣改造に併せ、首相は民主党役員人事も検討しており、平野博文国対委員長を閣僚に横滑りさせる案などが取り沙汰されている。(2012/01/06-23:59)

« 原発、運転開始40年で廃炉へ 細野担当相が方針 | トップページ | 民主離党組の受け皿狙う=「きづな」と別路線-鈴木新党 »

「国内情勢」カテゴリの記事