無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本への言及、3年連続なし=米大統領一般教書演説 | トップページ | 米、アジア太平洋の戦力保持 中国に対抗、新指針 »

2012年1月28日 (土)

石原新党「3月目指す」 亀井・平沼氏と結成確認

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012012702000192.html
石原新党「3月目指す」 亀井・平沼氏と結成確認

2012年1月27日 夕刊

 国民新党の亀井静香代表、たちあがれ日本の平沼赳夫代表、東京都の石原慎太郎知事が二十五日夜の会談で、三月中に新党結成を目指す方針を確認していたことが二十七日、分かった。民主、自民両党の保守系議員にも参加を呼び掛ける一方、橋下徹大阪市長、大村秀章愛知県知事らとの連携を模索する。

 亀井氏周辺は二十五日夜の会談について「三月発足に向けて、従来通りちゃんといっていることを確認した」と述べた。

 新党結成に向けては亀井、平沼両氏らが次期衆院選を前に、政界再編を視野に積極的に動いてきた。石原氏も新党について「だんだん拡大していったらいい。政界再編は動くだろう」と語っていた。平沼氏はこれまで七十~八十人規模としたい考えを示してきたが、目標に届かなくてもスタートさせる方向だ。

 関係者によると、既に新党の綱領づくりに着手している。次期衆院選で「第三極」としての勢力を確保したい考えで、候補者擁立を急ぐ一方、他党との選挙協力も検討する。ただ、国民新党、たちあがれ日本内には慎重論もある。民主、自民両党内では、現時点で新党への期待感は広がっていない。

 石原氏は二十七日午前、都庁で記者団の質問に「三月は一番忙しい。予算をやってて。誰が何を言ったか分からないけれど、ほっといてくれよ」と述べた。一方、橋下氏は市役所で「そのような話は伺ったことがない。もしもの話をしてもしょうがない」と明言を避けた。

« 日本への言及、3年連続なし=米大統領一般教書演説 | トップページ | 米、アジア太平洋の戦力保持 中国に対抗、新指針 »

「国内情勢」カテゴリの記事