無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発住民投票法案を提出=みんな | トップページ | 安倍元首相、女性宮家に反対 「男系天皇の伝統崩れる」 »

2011年12月 8日 (木)

放射能汚染水、海へ放出検討 東電、保管に行き詰まり

http://www.asahi.com/national/update/1208/TKY201112080212.html
放射能汚染水、海へ放出検討 東電、保管に行き詰まり

 東京電力福島第一原発の放射能汚染水について、東電は8日、処理したうえで海に放出する計画を検討していることを明らかにした。東電は国の基準以下で通常の運転で海に放出しているレベルとしているが、原子炉内の核燃料を冷やすために使った水が含まれている。汚染水の保管が行き詰まりつつある問題が背景にある。漁業団体から抗議の動きも出始めた。

 東電によると、1~4号機のタービン建屋などにたまった汚染水をセシウム吸着装置などで浄化し、津波で入り込んだ海水による塩分を除いて淡水化したものを放出する。新たな浄化装置の追加も検討している。近く経済産業省原子力安全・保安院に提出する中期的な施設運営計画に盛り込む方針を関係団体に伝えた。

 処理水の保管タンクにはすでに計約10万トンたまっている。来年3月には、タンクがいっぱいになる見込み。タンクを増設する敷地は限られる一方で、1日400トンとみられる建屋への地下水流入は続いている。原発内での再利用や地下水の流入防止策も検討するものの、限度があるという。放出時期や量、処理後の濃度などは未定だとしている。

« 原発住民投票法案を提出=みんな | トップページ | 安倍元首相、女性宮家に反対 「男系天皇の伝統崩れる」 »

原発情勢関連」カテゴリの記事