無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発の是非問う住民投票求め、署名集め開始 東京・大阪 | トップページ | 消費増税は契約違反=「首相は覚悟示せ」-民主・小沢氏 »

2011年12月11日 (日)

武器輸出緩和へ新基準 人道目的や共同開発は「例外」

http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY201112100550.html
武器輸出緩和へ新基準 人道目的や共同開発は「例外」

 野田政権は、武器の輸出を原則として禁じる武器輸出三原則について、平和構築・人道目的の場合や、他国との共同開発・生産などを例外とする新たな基準をつくる方針を固めた。年内をめどに結論を出す。

 政府関係者によると、官房長官談話などの形で、武器輸出の例外とする基準を示す。具体的には国連平和維持活動(PKO)や人道目的の支援をする際、武器とみなされる巡視艇の輸出などが想定されている。

 また米以外の国との共同開発・生産を求める民主党政調の提言を踏まえ、対象国の範囲や開発・生産のあり方を検討する。これまでは米国とミサイル防衛(MD)の共同開発に乗り出した際、個別に三原則の「例外」とすることを官房長官談話で表明した。今後は新たな基準をつくり、紛争の助長や情報漏出につながらないよう秘密保持や第三国移転の一定のルールを設けた上で、戦闘機などハイテク兵器の共同開発・生産の拡大を認める方向だ。

 民主党内外で議論を呼びそうな三原則自体の見直しや、輸出禁止の対象となる「武器」の定義の変更には踏み込まない。関係副大臣会合が開かれる12日にも方向性を打ち出す。

« 原発の是非問う住民投票求め、署名集め開始 東京・大阪 | トップページ | 消費増税は契約違反=「首相は覚悟示せ」-民主・小沢氏 »

「国内情勢」カテゴリの記事