無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出緩和へ新基準 人道目的や共同開発は「例外」 | トップページ | 浜岡原発:静岡の市町で廃炉を求める動き広がる »

2011年12月12日 (月)

消費増税は契約違反=「首相は覚悟示せ」-民主・小沢氏

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011121100135
消費増税は契約違反=「首相は覚悟示せ」-民主・小沢氏

 民主党の小沢一郎元代表は11日、都内で記者会見し、野田佳彦首相が目指す消費増税について「国民との契約違反だ。何としても今やりたいということならそれなりの覚悟があるはずだ」と反対の考えを強調した。さらに「首相はもっと国民に分かりやすい言動を取るべきだ」と指摘、首相の対応は説明不足として強く批判した。
 「覚悟」とは、首相に増税前の衆院解散・総選挙を求める趣旨かとの質問には、小沢氏は「そうではない。政治家の考え方と決意を示さないと、国民は納得しない」と説明した。
 増税反対派による新党結成の可能性について、「当面は、政権交代の時の気持ちに戻って頑張ってほしいと考えている」として、首相の出方を見極める考えを表明。同時に「聞き届けられなかった場合はそれなりの方法を考えなくてはいけない」と述べ、否定しなかった。 
 一方、小沢氏は橋下徹次期大阪市長について「旧体制を壊さなければ本当の市民、国民のためのものは生まれないという話をしているが、その点は私の年来の主張と同様だ」と評価した。
 小沢氏の会見は、フリー記者らでつくる「自由報道協会」主催で行われた。(2011/12/11-20:07)

« 武器輸出緩和へ新基準 人道目的や共同開発は「例外」 | トップページ | 浜岡原発:静岡の市町で廃炉を求める動き広がる »

「国内情勢」カテゴリの記事