無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「沖縄少女暴行事件の詳細知らない」 一川防衛相が答弁 | トップページ | 改憲発議、賛成3分の2以上か過半数で討議 »

2011年12月 2日 (金)

民主へ正面対決 共産、是々非々の建設的野党路線を転換

http://www.asahi.com/politics/update/1130/TKY201111290736.html
民主へ正面対決 共産、是々非々の建設的野党路線を転換

 共産党は12月3、4の両日にある第4回中央委員会総会で「建設的野党」路線から、民主党政権への「正面対決」路線へ転換する方針を決める。政策テーマに応じて他党と連携する「一点共闘」も唱え、次の衆院選での党勢拡大を狙う。

 前回衆院選で共産党は「建設的野党」を掲げ、政権に対し、是々非々で臨む方針を掲げた。だが、今回、民主党政権について「国民の期待を裏切った」と総括。民主、自民、公明3党の協議を「大政翼賛的だ」と批判し、民自公3党体制に「正面対決」で臨む方針だ。

 志位和夫委員長は24日の記者会見で「党派の垣根を越えて共闘をいろいろな分野で追求し、政治を前に進める流れを作りたい」と強調。政策テーマごとに他党と連携する「一点共闘」路線も、党の活動方針の中心に据える方針だ。

« 「沖縄少女暴行事件の詳細知らない」 一川防衛相が答弁 | トップページ | 改憲発議、賛成3分の2以上か過半数で討議 »

「国内情勢」カテゴリの記事