無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国防費削減圧力に逆らえず=ずさんな計画を放置-米政府 | トップページ | 「緊急事態条項」で改憲試案=自民 »

2011年12月13日 (火)

次期戦闘機はF35、政府決定へ 12年度予算で4機取得

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011121301001247.html
次期戦闘機はF35、政府決定へ 12年度予算で4機取得

2011年12月13日 09時58分

 次世代ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社提供)

 政府は13日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に、米国主導で国際共同開発中の最新鋭ステルス戦闘機F35を選定する方針を固めた。16日に安全保障会議(議長・野田佳彦首相)で正式決定し、2012年度予算案に4機分の取得費を計上。最終的に約40機(2飛行隊分)を取得する。

 F35は候補の3機種のうち、レーダーに探知されにくいステルス性能を備えた唯一の次世代(第5世代)戦闘機で、最新のレーダーや僚機と情報共有する「データリンクシステム」を備えている。性能面で最有力視されたが、開発が遅れ、空自が求める16年度中の納入が不安視されていた。
(共同)

« 国防費削減圧力に逆らえず=ずさんな計画を放置-米政府 | トップページ | 「緊急事態条項」で改憲試案=自民 »

「国内情勢」カテゴリの記事