無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« TPP参加、表明持ち越し=首相、11日記者会見 | トップページ | 読売・朝日・日経が協力体制強化へ »

2011年11月11日 (金)

アジア太平洋に重点=米国務長官が包括戦略

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000030-jij-int

アジア太平洋に重点=米国務長官が包括戦略

時事通信 11月11日(金)8時42分配信
 【ホノルル時事】クリントン米国務長官は10日、ホノルル市内で講演し、アジア太平洋地域の包括戦略を提示した。長官は「21世紀には、世界の戦略的・経済的重心がアジア太平洋地域になるのは明らかだ」と述べ、米国の外交、経済政策の比重を同地域に移す考えを明確にした。
 クリントン長官は、20世紀に包括的な大西洋地域の協力網を創設し、米欧同盟を確固たるものとした事例を挙げた上で、「21世紀は太平洋の世紀になる」と指摘。アジア太平洋地域で安全保障・経済両面でより強力で永続的な体制を構築する重要性を強調した。
 アジア太平洋戦略を推進する「前方展開外交」について、長官は(1)日韓などとの安保同盟強化(2)中国を含む新興国との関係深化(3)地域の多国間機関への関与(4)貿易・投資拡大(5)軍事プレゼンスの広範な構築(6)民主主義、人権推進―を重点に挙げた。 

« TPP参加、表明持ち越し=首相、11日記者会見 | トップページ | 読売・朝日・日経が協力体制強化へ »

「国際情勢」カテゴリの記事