無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 衆院憲法審、17日初会合 | トップページ | 南スーダンに中谷氏ら派遣へ=自民 »

2011年11月 7日 (月)

共産、平松氏を全面支援へ 大阪市長選 「独裁を阻止」

http://www.asahi.com/politics/update/1105/OSK201111050144.html
共産、平松氏を全面支援へ 大阪市長選 「独裁を阻止」
 共産党大阪府委員会は5日、大阪市長選で再選をめざす平松邦夫市長(62)の全面支援に乗り出す方針を固めた。前大阪市議の渡司(わたし)考一氏が同市長選への出馬を撤回したことを踏まえ、橋下徹前大阪府知事の当選を阻止するため支持者に「平松氏支持」を呼びかける。共産推薦候補は前回市長選で11万票余りを獲得。異例の判断は選挙戦に大きな影響を与えそうだ。

 渡司氏は5日の会見で「橋下氏の独裁政治や教育基本条例案の成立を阻止するため、現時点での最善の判断」と、不出馬の理由を説明。「橋下氏は今のやり方を全国に広げると言っている。ファシズムの台頭を大阪で止めるには、(平松氏への)支援を表明した方が一番すっきりする」と語った。

 会見に同席した共産党大阪府委員会の山口勝利委員長は、平松氏側には政策協定を求めず「党の支持者には平松氏の支持を呼びかけていく」とした。党市議団の幹部も「独自候補の擁立見送りは、私も経験のない歴史的な非常事態。決断した以上は結果を出すために全力で平松氏への投票を呼びかける」と説明。選挙戦では集会などで平松氏への支持を呼びかけるという。

« 衆院憲法審、17日初会合 | トップページ | 南スーダンに中谷氏ら派遣へ=自民 »

「国内情勢」カテゴリの記事