無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 中国・四国でもセシウム沈着…名古屋大推計 | トップページ | 雑記(211)黄葉、紅葉、、どんぐり »

2011年11月15日 (火)

福島原発周辺住民、内部被曝量は限度以下 京大など調査

http://www.asahi.com/national/update/1114/OSK201111140130.html
福島原発周辺住民、内部被曝量は限度以下 京大など調査
[PR]

 東京電力福島第一原発周辺の住民が食事や呼吸で放射性セシウムを体内に取り込んだ結果、被曝(ひばく)量がどれくらいになるかを京都大などのグループが調べ、14日発表した。最大に見積もって計0.16ミリシーベルトで一般市民の年間線量限度1ミリシーベルトを下回った。

 京大防災研究所の石川裕彦教授(環境災害)らは7月2~8日、住民が実際に食べたり吸ったりする食料やちりに含まれる放射性セシウムの量を調べた。

 福島第一原発の20~70キロの圏内のスーパーマーケットで食料と飲料水を集め、放射性セシウムの含有量から食事による内部被曝量を推定。平均で年間0.003ミリシーベルトで、濃度の高い食料を毎日食べ続けたと仮定した最大値は0.083ミリシーベルトだった。

 地上1.5メートルの空気中のちりを集め、含まれるセシウムから被曝量を推定。ほとんどの場所が年間0.003ミリシーベルト以下で、最も多い浪江町で0.077ミリシーベルトだった。食事の最大値とあわせると0.16ミリシーベルトになる。

 こうした年間内部被曝量は、数時間いただけで浴びる線量と同じ程度の場所もあり、グループは外部被曝対策の方が重要としている。(鍛治信太郎)

« 中国・四国でもセシウム沈着…名古屋大推計 | トップページ | 雑記(211)黄葉、紅葉、、どんぐり »

原発情勢関連」カテゴリの記事