無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 共産党、総会を12月に延期 TPP・大阪W選に対応 | トップページ | 在日米軍再編:在沖縄海兵隊、戦闘部隊の一部グアムへ 中国念頭に拠点分散 »

2011年11月14日 (月)

民主・渡部、自民・加藤氏ら中選挙区議連設立へ

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111113-OYT1T00306.htm
民主・渡部、自民・加藤氏ら中選挙区議連設立へ

 自民党の加藤紘一元幹事長や民主党の渡部恒三元衆院副議長らが衆院選挙制度の抜本改革を目指す超党派の議員連盟「小選挙区制度を考える会」(仮称)を設立することが、明らかになった。

 加藤氏らは中選挙区制復活論を唱えていることから、議連も「新しい中選挙区制」導入による抜本改革の是非を議論すると見られている。

 議連は今月17日に初会合を予定しており、50人規模での発足を目指している。呼び掛け人には加藤、渡部両氏と、自民党の甘利明元経済産業相、民主党の中野寛成前国家公安委員長が名を連ねた。公明党の富田茂之幹事長代理、たちあがれ日本の園田幹事長らも参加する予定だ。

 政界再編を持論とする加藤氏らの動きに対しては、選挙制度改革をテコに、民主、自民両党に公明党も巻き込んだ再編を狙っているのではないかとの見方もある。
(2011年11月13日20時50分  読売新聞)

« 共産党、総会を12月に延期 TPP・大阪W選に対応 | トップページ | 在日米軍再編:在沖縄海兵隊、戦闘部隊の一部グアムへ 中国念頭に拠点分散 »

「国内情勢」カテゴリの記事