無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民主前原グループ:役員体制を刷新 党代表選敗北受け | トップページ | 中国軍拡に対応 空・海戦闘一体 米が対中新部局 »

2011年11月11日 (金)

南スーダンのキャンプ空爆 スーダン軍、12人死亡

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3E2E2E49E8DE3E2E3E3E0E2E3E39494E0E2E2E2
南スーダンのキャンプ空爆 スーダン軍、12人死亡
 【カイロ=共同】AP通信によると、スーダン軍は10日、国連平和維持活動(PKO)のため日本の陸上自衛隊派遣が決まっている南スーダン北部の難民キャンプとその周辺を空爆し、少なくとも12人が死亡、20人が負傷した。南スーダン当局者が明らかにした。犠牲者はさらに増える可能性があるという。

 南スーダンは内戦を経て今年7月にスーダンから独立したが、両国国境付近では双方の反政府勢力が活動し、断続的に戦闘が続いている。

 難民キャンプは国境から十数キロ南にあり、スーダンの混乱を逃れた1万5千人が生活。スーダン軍機は南側の領空を侵犯して数発の爆弾を投下し、少なくとも1発がキャンプ内で爆発した。

 APによると、スーダン軍は9日にも南スーダンの別の地域を攻撃し、7人が死亡した。

« 民主前原グループ:役員体制を刷新 党代表選敗北受け | トップページ | 中国軍拡に対応 空・海戦闘一体 米が対中新部局 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事