無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米国意識し「行動」示す=辺野古移設なお高いハードル-政府 | トップページ | 日本の「南シナ海」介入けん制=中国 »

2011年10月17日 (月)

民主、憲法審名簿提出へ=臨時国会始動には慎重

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011101700729
民主、憲法審名簿提出へ=臨時国会始動には慎重

 民主党は17日、憲法改正原案を審議する衆参両院の憲法審査会に、同党の委員名簿を提出することを決めた。同日の参院議院運営委員会理事会で、民主党の小川敏夫筆頭理事が「名簿を出す用意がある」と表明した。衆院審査会の委員名簿も既に作成しており、20日召集の臨時国会で両院の審査会委員が選出される見通しとなった。
 名簿の提出は自民党が再三要求していたが、民主党は「準備が整っていない」と拒否してきた。しかし、臨時国会の最重要課題である2011年度第3次補正予算案の早期成立に向け、野党に配慮する必要があると判断した。
 審査会の委員定数は衆院50人、参院45人。参院側の各党への配分は、19日の議運委理事会で協議される。議席数を基にして単純に割り振ると、憲法改正に反対している共産、社民両党からも1人ずつ選出することになる。両党が名簿の提出を拒否する可能性もあるが、参院事務局によると、その場合でも委員の選出は可能という。 
 運営規則を定める規程は両院で制定されており、委員選出で審査会はいつでも始動できることになる。ただ、党内に護憲派を抱える民主党は、実際の論議開始には慎重な姿勢だ。輿石東幹事長は17日の記者会見で、臨時国会での対応に関し「3次補正を最優先に(審議)していくから、どこから(審査会を始動させるか)ということは今は言えない」と述べるにとどめた。(2011/10/17-19:15)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111017-OYT1T00995.htm
参院憲法審査会、民主が委員名簿を20日提出へ
 民主党は17日の参院議院運営委員会理事会で、参院憲法審査会の委員名簿を20日召集の臨時国会の冒頭に提出する方針を表明した。

 審査会長を民主党から選出することや審査会の幹事を与野党で9人とすることも提案した。自民党も会長ポストを要求している。

 民主党は衆参両院で同時に同審査会の委員名簿を提出する方針で、党内調整を進めている。自民、公明両党などは委員名簿の提出準備を進めており、最大会派の民主党が名簿を提出すれば、休眠状態の同審査会の始動に向け大きく前進することになる。
(2011年10月17日18時05分  読売新聞)

« 米国意識し「行動」示す=辺野古移設なお高いハードル-政府 | トップページ | 日本の「南シナ海」介入けん制=中国 »

憲法審査会」カテゴリの記事