無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 閣僚、相次ぎ沖縄入り=普天間取り組みアピール | トップページ | 臨時国会、20日に召集=民・自合意、会期は51日間 »

2011年10月13日 (木)

民主の原発事故PT、一転復活へ 脱原発派に配慮

http://www.asahi.com/politics/update/1012/TKY201110120515.html
民主の原発事故PT、一転復活へ 脱原発派に配慮

 民主党の前原誠司政策調査会長は12日、原発事故の視察で訪れた福島県で記者団に対し、野田政権になって廃止した党の原発事故影響対策プロジェクトチーム(PT)を「原発事故収束対策PT」として復活させると述べた。座長に荒井聰元国家戦略相、事務局長に川内博史衆院議員が就く。

 前原氏は当初、原発事故PTを廃止する一方で、エネルギーPTを新設した。だが、原発推進の色合いが濃く、党内の脱原発派が強く反発。復活により推進派とのバランスを取った。

 また、民主党政調は調査会級の「新しい公共推進会議」を設け、議長に鳩山由紀夫元首相を充てる方針を固めた。事務局長には逢坂誠二衆院議員が就く。13日の政調役員会で正式に決める。

« 閣僚、相次ぎ沖縄入り=普天間取り組みアピール | トップページ | 臨時国会、20日に召集=民・自合意、会期は51日間 »

「国内情勢」カテゴリの記事