無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 三原則「不断の検討必要」=民主の見直し方針踏まえ判断-野田首相 | トップページ | 三原則緩和、「慎重対応を」と山口公明代表=福島社民党首「内閣は命に無配慮」 »

2011年10月15日 (土)

南スーダンに陸自の施設部隊派遣へ PKO

http://www.asahi.com/international/update/1014/TKY201110140701.html
南スーダンに陸自の施設部隊派遣へ PKO

 野田政権は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方針を固めた。第1次の現地調査団が、首都ジュバは治安上の問題はないと結論づけており、ジュバでの活動を念頭に派遣が可能と判断した。今後、国連と協議したうえで早ければ11月下旬に部隊派遣を閣議決定し、年明けにも活動を始める予定だ。

 第1次調査団は内閣府と外務、防衛両省で構成し、ジュバや北部のマラカルで南スーダン政府高官や国連幹部から聴取。関係者の話を総合すると、ジュバは「早期の部隊派遣や活動開始が可能」として、「ジュバを拠点として施設活動を行うことで検討を深めることが適当と判断した」と結論づけた。

 政権は現在、南スーダンまでの補給路などを確認するため、ケニアなど周辺国に第2次調査団を派遣。今月下旬の帰国後に部隊派遣を正式決定し、具体的な派遣規模や日程を固める。

« 三原則「不断の検討必要」=民主の見直し方針踏まえ判断-野田首相 | トップページ | 三原則緩和、「慎重対応を」と山口公明代表=福島社民党首「内閣は命に無配慮」 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事