無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 岐路に立つ連合 旧総評と旧同盟、「脱原発」で軋轢 | トップページ | 脱原発へ「原水協と原水禁が協力を」 共産・志位委員長 »

2011年10月 5日 (水)

原発再稼働を容認/連合会長「安全性強化前提に」/大会始まる

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-05/2011100505_01_1.html
原発再稼働を容認/連合会長「安全性強化前提に」/大会始まる

 連合(日本労働組合総連合会)の第12回定期大会が4日、東京都内で始まりました。古賀伸明会長はあいさつで、今後のエネルギー政策について「中長期的に原子力エネルギーに対する依存度を軽減し、最終的には原子力エネルギーに依存しない社会をめざしていく必要がある」とのべました。

 連合は東京電力福島原発事故をうけて6月に、原発の新・増設推進という従来のエネルギー政策を凍結し、いま総点検・見直しをすすめている最中です。

 古賀会長は、「ひとたび事故が起これば甚大な被害をもたらす可能性があることを現実のものとして知った」とのべ、エネルギーについて短期、中長期とに分けた冷静な議論が必要だと指摘しました。

 停止中の原発の再稼働については、安定したエネルギー供給が必要だとして「周辺自治体を含む地元住民の合意と安全性の強化、確認を国の責任で行うことを前提に検討していく」とのべ、容認する考えを示しました。

 この2年間の民主党政権について古賀氏は「多くの落胆と失望も感じてきた」と指摘。また、非正規雇用労働者が雇用の3分の1以上を占める現状を日本社会の深刻な課題とし、「同じ職場に働く仲間として、非正規労働への取り組みこそ、労組の本来の任務だ」と訴えました。

 可決した運動方針は、民主党の鳩山、菅の旧政権について「首相の指導力の欠如と思慮を欠いた発言で、国内外の重要課題で失策を重ねた」と指摘しつつ、「連合は民主党を中心とした政権の定着・発展に努力する」として、引き続き民主党支持を打ち出しています。

 来賓として、野田佳彦首相、小宮山洋子厚生労働相、民主党、国民新党、社民党の代表があいさつしました。

« 岐路に立つ連合 旧総評と旧同盟、「脱原発」で軋轢 | トップページ | 脱原発へ「原水協と原水禁が協力を」 共産・志位委員長 »

「国内情勢」カテゴリの記事