無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「原発賛否、住民投票で」 条例制定へ直接請求の動き | トップページ | 原発都で住民投票を 市民団体 12月から署名活動 »

2011年10月 2日 (日)

PKO調査団が帰国=南スーダン派遣、判断へ

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
PKO調査団が帰国=南スーダン派遣、判断へ

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊施設部隊を派遣することが可能かどうかを調べるため、政府が現地に派遣した調査団が2日午前、成田空港着の民間機で帰国した。メンバーの斎藤雅一防衛省国際協力課長は同空港で記者団に対し、「現地も平穏で、所期の目的を大過なく実施できた。各省の政務三役、幹部と相談し、政府として今回の調査結果も踏まえ、可否を判断することになる」と語った。また、日本に対する現地の期待は「当然あった」と述べた。 
 現地調査団の派遣は、野田佳彦首相が9月の国連総会演説で表明。調査団は同月24日に日本を出発し、約1週間かけ、南スーダンの首都ジュバを中心に現地の治安状況や支援活動のニーズなどを調査した。首相は、現行法の武器使用基準で対処できることが派遣の前提との考えを示している。(2011/10/02-10:10)

« 「原発賛否、住民投票で」 条例制定へ直接請求の動き | トップページ | 原発都で住民投票を 市民団体 12月から署名活動 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事