無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 脱原発へ「原水協と原水禁が協力を」 共産・志位委員長 | トップページ | 雑記(203)姫柘榴(ヒメザクロ) »

2011年10月 7日 (金)

オバマ大統領、野田首相の年内訪米を要請へ(誤報)

http://www.asahi.com/politics/update/1006/TKY201110050722.html
オバマ大統領、野田首相の年内訪米を要請へ

 キャンベル米国務次官補は5日、オバマ米大統領が野田佳彦首相を年内にワシントンに招く意向であることを明らかにした。ワシントン郊外のダレス空港で記者団に語った。

 キャンベル氏は6日の訪日にあたり、オバマ大統領からの招待状を持参すると説明した。野田首相を今年中にワシントンに招く内容だという。

 首相の訪米をめぐっては、オバマ大統領が菅直人前首相を9月前半にワシントンに招くことを正式に決めていたが、菅氏の退陣で白紙となっていた。(ワシントン=伊藤宏)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011100600587
外相、年内訪米で調整=国務次官補が招請

 キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は6日夕、外務省で山口壮副大臣と会談し、玄葉光一郎外相の訪米を招請した。日米両政府は年内にワシントンで外相会談を行う方向で調整する。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題や、日本の環太平洋連携協定(TPP)参加などが議題となる見通しだ。
 キャンベル氏は民主党の前原誠司政調会長とも衆院議員会館で会い、普天間移設や航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)選定などについて意見交換した。 
 一連の会談に先立ち、キャンベル氏は成田空港で記者団に、野田佳彦首相の訪米を日本側に招請すると受け取れる発言を訪日前にしたことについて、「クリントン国務長官が、外相を年内にワシントンに招くということだ」と釈明し、「(発言を)誤ったことについては申し訳なかった」と語った。(2011/10/06-20:58)

« 脱原発へ「原水協と原水禁が協力を」 共産・志位委員長 | トップページ | 雑記(203)姫柘榴(ヒメザクロ) »

日米関係」カテゴリの記事