無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« さらに調査必要=南スーダンPKO派遣-一川防衛相 | トップページ | 岩国、三沢の米軍機を訓練移転=10日からグアムで-日米合意 »

2011年10月 4日 (火)

「来年6月の沖縄県議選待つ」=普天間、地元政治に配慮-米上院委員長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011100400372
「来年6月の沖縄県議選待つ」=普天間、地元政治に配慮-米上院委員長

 【ワシントン時事】ダニエル・イノウエ米上院歳出委員長は3日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、来年6月に予定される同県議選後の進展に期待感を表明した。同氏は「われわれはこれまで辛抱強くやってきた。来年6月の選挙が終わるのを待っている」と述べた上で、「問題の解決を確信している」と強調した。ワシントン市内で記者団の質問に答えた。
 普天間問題をめぐっては、これまでも国政選挙のほか、県知事選や県議選など県内の大型選挙を控えた時期は進展がなかった経緯がある。イノウエ氏の発言は、地元の政治状況に一定の配慮を示したものだ。 
 一方、米国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)は同日、衆院安全保障、沖縄・北方特別両委員会のメンバーと同省内で会談。普天間問題について「既に首脳レベルで(日米合意の履行を)約束しているので、具体的進展に期待している」と語った。(2011/10/04-12:42)

« さらに調査必要=南スーダンPKO派遣-一川防衛相 | トップページ | 岩国、三沢の米軍機を訓練移転=10日からグアムで-日米合意 »

日米関係」カテゴリの記事