無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 外国領土でも実力行使=「危険人物」殺害で米政権 | トップページ | PKO調査団が帰国=南スーダン派遣、判断へ »

2011年10月 1日 (土)

「原発賛否、住民投票で」 条例制定へ直接請求の動き

9・19を過小評価してひんしゅくを買った朝日新聞のアリバイ作りの記事では内だろうか。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/1001/TKY201110010159.html
「原発賛否、住民投票で」 条例制定へ直接請求の動き

 東京電力福島第一原発の事故を受け、東電と関西電力の大株主である東京都と大阪市で、原発への賛否を問う住民投票条例制定の直接請求を目指す動きが始まった。大株主の自治体を通じて、市民の視点に立つ原発政策を電力会社に迫る異例の試みだ。

 市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」が12月から直接請求に必要な署名集めを始め、年末にも提出することを目指す。東京都への直接請求の代表者には、俳優の山本太郎さんやカタログハウス相談役の斎藤駿さんらが名を連ねる予定。

 直接請求には、東京都で約21万4200人、大阪市で約4万2600人以上の署名が必要。都道府県の東京都では2カ月以内、市町村の大阪市では1カ月以内に署名を集めなければならない。市民グループは生活協同組合の組合員らに協力を求める方針で、署名数を確保できるとみている。署名を集める人を募集するはがきを街頭で配る。

« 外国領土でも実力行使=「危険人物」殺害で米政権 | トップページ | PKO調査団が帰国=南スーダン派遣、判断へ »

民衆の運動」カテゴリの記事