無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 八ッ場ダム:「建設が最良」に学者10人反論 声明文 | トップページ | 故郷、福島・飯舘を訪ねて 収穫の秋、田に雑草 »

2011年10月16日 (日)

民自、比例削減見送りで調整 「格差」是正を優先

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011101501000675.html
民自、比例削減見送りで調整 「格差」是正を優先

2011年10月16日 02時02分

 民主、自民両党は15日、衆院の「1票の格差」を是正する選挙制度改革に関し、昨年の参院選マニフェスト(政権公約)などで掲げた比例代表の定数削減を見送る方向で調整に入った。公明党など中小政党が比例定数削減に反対していることに配慮し、格差是正に向けた与野党合意を優先すべきだと判断した。

 民主党幹部は「比例削減は後回しだ」と明言。自民党幹部も「まずは次期衆院選が違憲状態にならないようにすべきだ」と指摘した。ただ公明党などが比例削減の撤回を確約するよう求めれば、調整が難航する可能性もある。一方、マニフェスト政策の先送りに民主党内から異論が出そうだ。
(共同)

« 八ッ場ダム:「建設が最良」に学者10人反論 声明文 | トップページ | 故郷、福島・飯舘を訪ねて 収穫の秋、田に雑草 »

「国内情勢」カテゴリの記事