無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 南スーダンPKO、あす派遣決定 | トップページ | 野田首相:原発再稼働に前向き…英紙インタビューに »

2011年10月31日 (月)

日印、原発輸出・レアアース開発推進で合意 外相会談

http://www.asahi.com/politics/update/1029/TKY201110290157.html
日印、原発輸出・レアアース開発推進で合意 外相会談

 玄葉光一郎外相は29日午前、都内でインドのクリシュナ外相と会談し、東京電力福島第一原発事故後に停滞している両国間の原子力協定交渉を進展させることで合意した。両国の企業によるレアアース(希土類)の共同開発を進めることも確認した。

 両政府は、原発輸出のために必要となる原子力協定の締結交渉を去年始めたが、今年3月の原発事故以降は開いていなかった。会談後の会見で玄葉外相は交渉進展の合意を明らかにする一方、「被爆国日本の核軍縮不拡散への強い思いへの理解を求めた」と述べた。インドが核実験を実施しないことが原子力協力の前提との日本政府の立場を改めて示したものだ。

 会談では、政治・安全保障分野で近く日米インドの局長級協議を開催することや、海賊対策など海洋安全保障での協力強化で一致した。クリシュナ外相は、海上自衛隊とインド海軍の合同演習も提案した。

« 南スーダンPKO、あす派遣決定 | トップページ | 野田首相:原発再稼働に前向き…英紙インタビューに »

「国際情勢」カテゴリの記事