無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出三原則見直し要請へ 政府に民主防衛部門会議 | トップページ | 中国機への緊急発進3.4倍=自衛隊の上半期まとめ-防衛省 »

2011年10月13日 (木)

湖西市長「福島見て脱原発決意」 浜岡停止訴訟初弁論

http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201110130177.html
湖西市長「福島見て脱原発決意」 浜岡停止訴訟初弁論

 中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)をめぐり、県内の住民や弁護士ら34人が、中部電を相手に、運転終了と核燃料の安全な保管などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、静岡地裁であった。中部電は請求の棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。

 口頭弁論では、原告を代表して静岡県湖西市の三上元・市長が「福島の災害を見て、脱原発の運動をする決心をした。万全の対策が取られており大丈夫とされてきたが、そうではなかった」などと意見陳述した。

 原告でもある鈴木敏弘弁護団長は、同原発の運転差し止めを求めた別の訴訟で、2007年の同地裁判決が「複数同時故障を想定する必要はない」と請求を棄却したことを指摘。福島第一原発事故は「判決の間違いを証明した。同じ過ちを二度と繰り返してはならない」と訴えた。

« 武器輸出三原則見直し要請へ 政府に民主防衛部門会議 | トップページ | 中国機への緊急発進3.4倍=自衛隊の上半期まとめ-防衛省 »

「国内情勢」カテゴリの記事