無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 東京【社説】民の声を恐れよ 脱原発デモと国会 | トップページ | TPP慎重派が戦線拡大=「医療劣化につがなる」-民主 »

2011年10月12日 (水)

<米大統領>TPP参加を野田首相に迫る 首脳会談で

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000057-mai-pol

<米大統領>TPP参加を野田首相に迫る 首脳会談で

毎日新聞 10月12日(水)15時0分配信
拡大写真
野田佳彦首相とオバマ米大統領
 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、オバマ米大統領が9月21日にニューヨークで行われた日米首脳会談で、野田佳彦首相に対し早期の交渉参加を要請していたことが12日、分かった。大統領は会談で、「日中韓、欧州連合(EU)との関係でTPP交渉の余裕がないのか。よく考えてほしい」との考えを表明。首相も「しっかり議論し、できるだけ早期に結論を得たい」と応じた。【横田愛】

 首相は首脳会談後、TPP参加について、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)までの決着を視野に、政府・民主党に議論を始めるよう指示している。結論を急ぐ背景に、米大統領の強い意向があったことが明らかになった。

 日本政府は5月、日中韓首脳会談で日中韓自由貿易協定(FTA)に関する検討の前倒しで合意したほか、EUとも経済連携協定(EPA)交渉に向けた予備交渉の早期開始で一致。一方、TPPについては3月の東日本大震災を境に議論が中断していた。

 米側にはTPPに日本を巻き込むことで、新たな貿易枠組みをつくり、中国をけん制する狙いがある。TPP以外の経済連携を先行させる日本の姿勢に危機感を強め、首脳会談での参加要請となった。

 日米両政府は日米同盟深化の柱として▽安全保障▽経済▽文化・人材交流--の三つを掲げており、TPPは経済分野の柱の一つと目される。APECでは日米首脳会談も予定されており、日本側の対応が焦点となる。

 政府・民主党は首相の指示を受け、11日に経済連携に関する関係閣僚会合と、民主党プロジェクトチーム(PT)を相次いで再始動させた。しかし、農業分野への影響などを理由に党内の反発が根強く、調整は難航している。

« 東京【社説】民の声を恐れよ 脱原発デモと国会 | トップページ | TPP慎重派が戦線拡大=「医療劣化につがなる」-民主 »

日米関係」カテゴリの記事